ブーケの豆知識

結婚式で花嫁のドレス姿をひきたてる素敵なブライダルブーケは、結婚式を飾るアイテムの1つです。最近では、想いを込めてブライダルブーケを手作りされる方も増えてきています。こちらでは、ブライダルブーケの豆知識についてご紹介いたします。

 

■  魔除けの意味も含まれていた

ブライダルブーケには、その昔魔除けとしての役割があったといわれています。 欧米の多くの地域は、虫除けとしてハーブを使う習慣があったので、そのハーブを花束にすることで魔除けや厄除けの力があると考えられていました。そのため、花嫁を守るためにハーブの花束を持たせるようになったのです。

■  プロポーズする時の贈り物

もともとブーケは、男性が女性にプロポーズするために花束を贈ったことが始まりといわれています。花束を受け取った女性は、その中の一輪を男性の胸ポケットにさすことで、プロポーズ了承の返事をしていたのです。男性からプロポーズされた証として結婚式の当日は、貰った花束を持って式を執り行なっていました。花束はブーケ、男性の胸の花はブートニアとして現在も残っています。 

■  日本におけるブーケの歴史

戦後になると、様々な欧米の文化が日本に入ってきました。その頃に、欧米風のウエディングドレスを着る挙式も執り行なわれるようになりました。それに伴いに花嫁がブライダルブーケを持つようになったのです。現在では、花嫁の希望に答えるために、数多くのデザインのブライダルブーケがあります。

結婚式で使用したブーケを、さらに美しくして思い出の品として残してみませんか。押花工房花詩では、幸せの想いが詰まったブライダルブーケを、美しく押し花加工することができます。ブーケの花材は、長期保存いたしますので、万が一の場合でも使用したブーケのお花で手直しすることが可能です。また、記念日や誕生日、出産祝いなどの贈り物としてピッタリな、押し花フォトフレームも取り扱っておりますので、お祝いの品をお探しの方は、ぜひ押花工房花詩をご利用ください。

 

ページトップへ