押し花の基礎知識

幼少期に押し花を作って遊んだ経験がある方もいらっしゃるでしょう。押し花は作って楽しむだけでなく、インテリアに取り入れて楽しむこともできます。こちらでは押し花の基礎知識をご紹介いたします。思い出の詰まった特別なお花の保管にお困りの方は、押し花にしてみませんか?

■  押し花とは?

好きな植物のお花や葉を乾燥させながら、平らな状態に加工したものを指します。押し花を取り入れた作品には、本のしおりや絵ハガキをはじめ、絵画のようにデザインされた作品やフォトフレームなど様々なものがあります。押し花は植物が持つ魅力をそのまま形にして残すことができるのです。

■  押し花を作る難しさ

押し花はご家庭でも作ることができますが、作り方を徹底しなければ作品が完成しても、色あせや劣化を招いてしまう可能性があります。本物の植物を使っているため、鮮やかな色や形をどのように維持するかということが大切なポイントになります。

作品に取り入れる場合は、植物が持つ魅力の表現方法にもセンスが問われます。魅力的な作品を作るためには、植物が持つ色味や特徴をそのまま作品に残す作業を取り入れなければならないのです。

■  押し花を作るうえで必要になる知識

押し花を作るためには、植物に関する知識はもちろんのこと、植物の処理に関する知識が必要になります。植物の形をそのまま使ったり、花びら、葉、がくを分解したりすることで作品の表現方法も大きく広がります。世の中にはたくさんの種類の植物が存在します。植物1つ1つの構造を知っておくと、スムーズに作品作りに取り掛かることができるのです。 

押花工房花詩ではブライダルブーケをはじめとする、大切な思い出が詰まったお花を押し花に加工しています。気持ちを込めた素敵なお花を押し花に加工し、写真を飾る素敵なフレーム制作が可能です。誕生日や母の日などの記念日ギフト、出産祝いギフトとしてもおすすめのアイテムなので、大切な思い出を形で残したいと考えられている方は、押花工房花詩にお任せください。

 

ページトップへ